たるみ毛穴 原因

たるみ毛穴の「正しい原因」を知って、間違いのない対策をしましょう!

たるみ毛穴の原因

普段からしっかりと洗顔やクレンジングをしているはずなのに、毛穴が消えない。

 

最近ではメイクでも隠せないくらい、毛穴が目立つように・・・。

 

 

たるみ毛穴のケアは、普段の毛穴ケアとは全く違います

 

もしかしたら、あなたのたるみ毛穴対策は間違っているかも!?

 

また逆に、たるみ毛穴かと思っていたら、別の毛穴トラブルだったということも。

 

 

たるみ毛穴に対して正しく対策していくには、その原因についての正しい知識が欠かせません。

 

ここで、たるみ毛穴の原因についてしっかり学んで、キレイなお肌を取り戻しましょう!!

 

まずは、たるみ毛穴について正しい知識を持ちましょう

たるみ毛穴の原因について知る前に、

 

「そもそも、それって本当にたるみ毛穴?」

 

というところをハッキリとさせましょう。

 

たるみ毛穴と思っていても、実は違う毛穴トラブルだったと言うこともあるからです。

 

たるみ毛穴

たるみ毛穴はその名前のとおり、お肌のたるみが原因になります。

 

お肌がたるみ、毛穴が広がることで、目立った状態になるわけです。

 

 

原因に関しては後で詳しく説明しますが、主に加齢による肌のたるみが原因となり、他の原因も合わさって、更にたるみが起きやすい状況になることが知られています。

 

 

たるみ毛穴は、小鼻の横から頬にかけて出来やすいです。
一番目立ちやすいところなので、困りますよね。

 

 

たるみ毛穴は形が下の方に行くにつれて広がるようになるので、涙毛穴、しずく毛穴とも呼ばれます。

 

 

悪化した場合には、毛穴同士がつながり、しわのようになってしまう帯状毛穴になることもありますので、悪化する前の早めの対策が大切です。

 

開き毛穴との勘違いに注意

毛穴が目立ってくると、「年をとって肌がたるんだから?」と思ってしまいがちなのですが、全ての毛穴の目立ちがたるみ毛穴とは限りません。

 

たるみ毛穴とよく混同しやすいのが「開き毛穴」です。

 

 

たるみ毛穴は先ほどご説明しましたが、主に加齢によるたるみが原因。

 

一方、開き毛穴は主に皮脂の過剰分泌が原因で、皮脂が毛穴を押し広げてしまう事で起こります。

 

 

たるみ毛穴と開き毛穴の毛穴の違いとしては、たるみ毛穴はややしずく型といったように縦型方向の形で、髪をアップにしたりして肌が軽く引っ張られる状態になると、目立ちにくくなる傾向があります。

たるみ毛穴について構造から知る

たるみ毛穴では、たるんでしまった毛穴はどのようになっているのでしょうか。

 

肌の構造を見てみましょう。

 

肌はいくつかの層に分かれています。
上から表皮、真皮、皮下組織、筋肉の順になっています。

 

肌の構造

 

表皮

 

0.2o程の薄さの肌の表面にある皮膚組織です。

 

この薄さの中に、更に4つの層があります。

  • 角層(かくそう)
  • 顆粒層(かりゅうそう)
  • 有棘層(ゆうきょくそう)
  • 基底層(きていそう)

 

表皮はお肌の水分を外に出さないようにしたり、外部からほこりなどのダメージを防ぐバリアのような役割をしています。

 

真皮

 

表皮の下にある2o程の厚さの層で、お肌の組織の大部分を占めています。

 

繊維状になったコラーゲンの中に、保湿成分となるヒアルロン酸や、繊維状のタンパク質成分のエラスチンがあり、お肌のハリや弾力を保ってくれています。

 

真皮はたるみ毛穴と最も関係が深いところです。

 

皮下組織

 

大部分が皮下脂肪となる組織で、表皮と真皮を支えています。

 

動脈や静脈が通っているので、お肌の栄養を届けるのにも関係している層です。

 

筋肉

 

顔の表情筋は30近くあり、それぞれ表皮、真皮、皮下組織を支えています。

 

 

たるみ毛穴では、真皮のコラーゲンやエラスチン産生が年齢と共に衰えていくことが主な原因になります。

 

肌のハリや弾力に関係する成分が失われていくため、肌がたるむようになり、毛穴のたるみも起こるようになるのです。

 

 

また、お肌の保湿力が衰えてしまうと、肌の表面のバリア能力も衰える事から、乾燥などの表皮トラブルが起きやすくなります。

 

乾燥により肌のキメ細かさが維持できなくなると、毛穴がさらに目立ちやすくなります

 

 

つまり、たるみ毛穴は、

 

  • お肌のたるみで毛穴が拡大
  • お肌の乾燥でキメが失われ、毛穴が目立ちやすくなる

 

主にこの2つが原因となって、毛穴が目立ちやすくなっているのです

 

 

たるみ毛穴に関する知識が深まったところで、いよいよたるみ毛穴の原因に迫っていきましょう。

たるみ毛穴の原因はコレ!

加齢による老化

年を取ると共に、お肌のハリや弾力を維持させているコラーゲンやエラスチン、保湿の役割をしているヒアルロン酸などが減っていく傾向にあります。

 

特にコラーゲンに関しては、40代になると20代の頃に比べて半分近くにまで減ってしまう可能性もあるのです。

 

 

なぜコラーゲンやエラスチンが減ってしまうのかというと、紫外線によるダメージが一番大きいと言われています。

 

また、肌でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す真皮線維芽細胞の働きが、年齢と共に衰えてしまうからという原因もあります。

 

紫外線

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、たるみ毛穴の原因になるのはUV-Aになります。

 

UV-Aは真皮のお肌のハリや潤いを保っているコラーゲンやエラスチンを傷つけ、さらにコラーゲンやエラスチンなどを生み出す線維芽細胞も傷つけ、その結果、肌のたるみが起きやすくなります。

 

 

UV-Aの紫外線は透過力が高く、建物の中でもUV-Aの影響が出てしまうため、屋内や冬場であっても紫外線対策は大切です。

 

乾燥

お肌が乾燥すると、表皮のバリア機能が低下すると、お肌の細胞を作り出して、徐々に外に押し出してくる「ターンオーバー」の周期が乱れやすくなります。

 

ターンオーバーが乱れると肌表面の潤いが更に不足し、お肌のキメがなくなってしまいます。

 

肌の表面のキメがなくなると平坦な状態になってしまい、毛穴が目立つ原因になります。

 

 

お肌が乾燥してしまう原因としては、加齢によるお肌の保湿成分の減少があります。

 

また年齢だけの乾燥だけではなく、過剰なクレンジングも原因になるので注意したいところです。

 

表情筋の衰え

顔の表情筋は30種類近くあり、それぞれの顔の動きによって複雑に動いています。

 

実は表情筋は70%は使われていないともいわれています。

 

 

無表情の人など、この表情筋をうまく使えていないと、年齢と共に表情筋が衰えやすくなってしまいます。

 

特に口角からこめかみにかけてある大頬骨筋は、ほほのあたりのお肌に関係してきます。

 

表情筋の衰えは、お肌のハリの低下だけでなく、ほうれい線も目立ちやすくなるので注意したいところです。

 

過剰なクレンジングや洗顔

クレンジングや洗顔の時に、しっかりメイクを落とすために、強くゴシゴシこすったりしていませんか?

 

お肌を強くこすることは、たるみの原因になってしまいます。

 

 

また、クレンジングや洗顔は、洗浄力が強すぎると、肌の潤いを守るための皮脂も落としてしまうので、肌のバリア機能を低下させ、乾燥の原因となってしまいます。

 

スキンケアの時の強いひっぱり

美容液の浸透を良くしようと、しっかり塗りこもうとお肌を強く押したり、引っ張りすぎていませんか?

 

スキンケアの時の強い刺激も、お肌をたるませる原因になります。

 

美容液などは軽く押さえるように、丁寧に染みこませるようことが大切です

 

また毛穴パックは、はがす際に皮膚を引っ張って痛める可能性があるので要注意です。

 

過度のフェイスマッサージ

顔の血行を良くしようとしたり、顔にあるツボを押しつつマッサージをしているという人もいると思います。

 

顔のマッサージは、適度に行う分には問題ないのですが、あまりやり過ぎると肌に負担をがかかり、たるみの原因になる事があります。

 

 

例えば目の周辺をクレンジングや、花粉症などが原因で強くこすると、目の下のたるみが起きやすくなったりすることがあります。

 

あまり過度なマッサージは控えるようにしましょう。

 

肥満+重力

顔の皮下脂肪が増えると、筋肉が脂肪を支えきれずに、その重みで皮膚がたるんでしまいます。

 

むくみも同様に、水分による重みでたるみを悪化させてしまう原因になります。

 

生活習慣

タバコは体内の活性酸素を増やし、コラーゲン生成に必要なビタミンCも減少させるので、たるみを間接的に引き起こします。

 

睡眠不足は肌の再生を阻害し、たるみを悪化させる原因になります。

 

 

食事の乱れにも要注意です。
外食が多い、スナック菓子やスイーツ、インスタント食品ばかり食べているといった、栄養バランスが悪い食事や、不規則な食事ペースといった食生活の乱れは、肌に悪影響を与えます。

 

不健康な食事によって起こる酸化、過剰な糖質によって起こる糖化は、真皮のコラーゲン、エラスチンなどを変性させ、お肌の弾力が失われる原因になります。

 

無理なダイエットで急激に体重を落としてしまうと、肌がたるんでしまう原因になってしまいます。

 

 

ストレスがかかると、交感神経が優位になり血管が収縮して血流が悪くなります。

 

また活性酸素も発生しやすくなり、お肌のたるみを悪化させる原因に。

 

 

そしてもう一つが普段からの姿勢も気をつけましょう。

 

特に注意したいのがデスクワークをしている人。
あごが出ているような状態でなおかつ猫背といった姿勢になりやすいです。

 

こういった姿勢の悪さは首の後ろが縮み、頭皮が引っ張られる状態になります。

 

この姿勢は顎のあたりにある広顎筋が下に引っ張られる状態になり、顔のたるみの原因になりやすいです。

 

たるみ毛穴の原因にしっかりと対策をしましょう!

たるみ毛穴の原因が分かったら、後は対策をするだけ!

 

ここからたるみ毛穴を改善するための対策をご紹介していきます。

 

原因がたくさんあるので、その分対策もたくさんありますが、無理をして続けられなくなっても良くないので、できるところから始めていってみてください。

 

化粧品による対策

まず手軽に毛穴のたるみの対策が出来るのはスキンケアですね。

 

化粧品を選ぶ際には、たるみ対策と毛穴対策に分けて考えると良いでしょう。

 

たるみ対策におすすめの成分
レチノール

ビタミンA誘導体ともいいますが、パルミチン酸レチノールやレチノイン酸、酢酸レチノールといった成分があります。

 

レチノールはコラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きがあります。

 

お肌への刺激があるので、敏感肌の人では使えない人もいます。

 

ビタミンC誘導体

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった、お肌のハリに欠かせない成分を作り出す、線維芽細胞の働きを良くしてくれます。

 

ビタミンC誘導体という形で摂取する事で、お肌への吸収力も良くなります。

 

ナイアシン

水溶性のビタミンB群の仲間です。

 

コラーゲンを増やす働きがある他、セラミドの生成も助け、血行が良くなるのでお肌の代謝もアップするといった働きがあります。

 

毛穴対策におすすめの成分
セラミド

セラミドは保水力がとても高く、お肌の水分が逃げないように守ってくれます。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も保水力が高い成分なので、化粧品を選ぶ際にはチェックしておきたい成分です。

 

正しいスキンケアをする

スキンケアの基本となるのが、クレンジングや洗顔。

 

大切なことは、「汚れはキチンと落としながらも、過剰なスキンケアは避ける」こと。

 

 

スキンケアの際の過剰なクレンジング、洗顔は、お肌の潤いを保つため、必要な脂分を適度に残して洗い上げるのがポイントとなります。

 

洗いすぎると皮脂を落しすぎてしまい、お肌が乾燥してしまうため、お肌の質に合わせて、強すぎる洗浄成分は避けるようにしましょう。

 

 

そしてクレンジング、洗顔をした後のスキンケアは保湿はしっかりと。

 

スキンケアを行う際には、収れん効果がある成分が入ったスキンケア商品を利用して、毛穴の引き締めを行ったり、ピーリングをする事で余分な角質を取り除くというのはおすすめです。

 

ピーリングをする時は、つよく擦り過ぎないように注意しなくてはいけません。

 

優しくなでるようにピーリングするのがコツです。

 

一年を通しての紫外線対策

普段からの紫外線対策、どうしていますか?

 

夏場は特に日差しが強いと感じるので、入念に紫外線対策をしていると思います。

 

ただ、ここで注意したいのが「紫外線は夏だけではない」という事です。

 

 

紫外線は、夏だけでなく冬の時期も量自体は少ないですが、降り注いでいます。

 

ですので冬の時期であっても、SPFが弱めでPAがしっかりと入っているような日焼け止めを使うなど、一年を通して適度な紫外線対策をするようにした方が良いのです。

 

お肌の老化を招き、たるみを起こしやすいUV-Aを防ぐのは、日焼け止めで言うPA+++と表示されている部分です。
+の数が多いほどUV-Aから肌を守ってくれています。

 

 

また油断しやすいのが5月や6月です。

 

この時期は梅雨時で、天気もあまり良くない日が多いので、紫外線対策を面倒がって省略してしまいがちですが、梅雨時期は紫外線の量が意外にも強いので注意です。

 

この時期に紫外線によるダメージを多く受けているという人もいるはずなので、注意して紫外線対策をするようにしてみてください。

 

意外と大事な食生活の管理

良いお肌作りは普段からの食事も関係してきます。

 

たるみ対策で、食事の際に意識したいのはタンパク質です。

 

タンパク質はコラーゲンやエラスチンの元になるので、きれいなお肌を作るのに欠かせません。

 

タンパク質の元となる食品としては、肉類、魚類、大豆加工品などの豆製品、乳製品、卵などが当てはまります。

 

カップラーメンやおにぎりだけといった食事、過激なダイエットではタンパク質不足になりやすいので、たんぱく質をプラスした食事を心がけるようにしましょう。

 

 

そして糖質や脂質の代謝をしてくれるのに重要な、ビタミンB1やB2も積極的に摂るようにしましょう。

 

豚肉や鮭、レバー、ウナギ、ナッツ類、牛乳などを意識して食べるようにすると良いでしょう。

 

甘いもの、脂っこいもの、アルコールの取り過ぎは、過剰な糖質や脂質によって、肌の弾力成分であるコラーゲンなどを変性させる原因となりやすいので、取り過ぎに注意しましょう。

 

また、アルコールの摂取量が多かったり、インスタント食品やスナック菓子などに多く含まれる添加物に関しては、体の中で活性酸素を発生させる原因になるので、これらも摂り過ぎに注意です。

 

サプリメントなら手軽に対策ができます

たるみ対策をする際に必要な栄養は、食品から摂取するのが一番望ましいところです。

 

しかし、普段から忙しいという人にとっては、なかなか十分な栄養バランスの取れた食事を摂るというのは難しいですよね。

 

 

そこで役立つのがサプリメント。

 

サプリメントは、食事で足りない成分を補う、たるみ改善に良い成分を摂るなどといったことが、飲むだけで簡単に行うことができます。

 

たるみ毛穴に悩んでいる人におすすめのサプリメントも今は充実していますので、手軽にできるたるみ対策としてプラスしてみると良いでしょう。

 

 

適度なマッサージ、表情筋トレーニング

普段使わない表情筋を動かす事によって、たるみ改善に効果の期待できる表情筋トレーニングは、たるみ毛穴の改善にも有効です。

 

同様に顔にあるリンパのマッサージも、むくみ解消や血流改善に効果的です。

 

どちらも道具なしで手軽に出来る方法なので、可能なら取り入れてみると良いでしょう。

 

ただ注意したいのが、どちらもやり過ぎると逆にたるみ毛穴を悪化させてしまいますのでご注意を。

 

毛穴を隠すメイク

たるみ毛穴を改善するまでは、毛穴が目立った状態が続きますので、その間は毛穴を隠すメイクで乗り切っていきましょう。

 

まず面倒で省略しているという人も多いですが、下地をしっかりと塗るようにして下さい。

 

下地を塗る事で毛穴の開きによる凸凹を目立たなくなることが出来ます。

 

 

そして、毛穴が気になる人におすすめのファンデーションはリキッドファンデーションなのですが、手で塗るよりブラシを使って塗った方が、より毛穴レスのきれいな肌に仕上げることが出来ます。

 

薄付きなのに毛穴をしっかりとカバーできるのでおすすめです。

 

リキッドファンデーションは保湿効果のあるものを選ぶようにしましょう。

 

 

気になる部分はコンシーラーでカバーし、仕上げにフェースパウダーを使います。

 

この方法で崩れにくくきれいに毛穴をカバーするメイクが出来ます。

 

化粧直しの時には、カバー力のあるパウダータープを使ってなおすと良いです。

 

深刻なら美容外科という選択も

スキンケアや生活習慣の改善だけでは、カバーしきれないぐらい毛穴が目立つようになってしまっている人、そして少しでも早く毛穴のたるみを目立たなくさせたい!という人は、効果の高い美容外科による施術も考えると良いでしょう。

 

以下のような施術が、たるみ毛穴の対策に使えます。

 

レーザー治療

気になる部分にレーザーを照射する事によって、お肌のコラーゲンを増やす働きを促進させたり、お肌の細胞の生まれ変わりも促進してくれるので、徐々に毛穴の目立ちも改善する事が期待できます。

 

ヒアルロン酸注射

ハリや弾力を失ったお肌に直接ヒアルロン酸を注入していく施術方法になります。

 

コラーゲン注入よりもアレルギー反応が起こりにくいというメリットがあるので、今ではこのヒアルロン酸注入の方が多く利用されています。

 

プラセンタ注射

プラセンタ注射をする事によって、肌のたるみの改善効果が期待できるので、毛穴を目立ちにくくする事も可能になります。

 

他にもお肌の細胞の代謝を良くするといった働きもありますので、肌の調子も良くなっていくのを実感する人もいます。

 

グロースファクター注射

お肌にとって有効となる成長因子(グロースファクター)を注入する方法です。

 

グロースファクターは細胞の増殖や分化を促進する働きがあるので、皮下に注入する事で様々な肌の悩みを改善させる比較的新しい治療法です。

 

ケミカルピーリング

薬剤を肌に塗る事で肌の表面をはがれやすくして、ターンオーバーを促進させる方法です。

 

数回繰り返して施術していく事で毛穴の開きを改善させます。

 

イオン導入

お肌のハリと弾力、潤いを取り戻すために効果的な有効成分を効率よく浸透させる施術になります。

 

通常のイオン導入だと表皮までの浸透ですが、クリニックで扱っている機器によっては、真皮層にまで浸透させる事が出来る機器を扱っている事があります。

 

その他の対策

毎日できる対策の一つが睡眠です。

 

睡眠は肌の細胞を作り出し、お肌のダメージの回復に重要ですので、十分な時間と質を確保しましょう。

 

そして代謝を良くする目的で、適度な運動も取り入れると良いでしょう。

 

普段から喫煙をしているという人も多いのですが、たるみの原因となる活性酸素を多く作り出し、コラーゲンを作り出すビタミンも減らしてしまうので良くありません。

 

喫煙は美容面全体に良くありませんので禁煙も検討するようにしてみましょう。

まとめ

たるみ毛穴の原因と対策はしっかりと理解できましたでしょうか?

 

数がかなり多いことにビックリして、やる気をなくしてしまった人もいるかもしれませんね。

 

 

たるみ毛穴をすぐに消すことは難しいので、対策は長い時間をかけて継続して行っていく必要があります。

 

そのため、すぐ諦めて止めてしまうと勿体ないので、日頃の生活で自分が続けられると思えることから始めていくのが良いでしょう。

 

 

たるみ毛穴対策は、早く始めることも大切です。

 

今日すぐからでも出来ることは始めて、たるみ毛穴の改善を少しでも早めていきましょう。

page top